顎関節症について


顎関節症の症状

顎関節症は、口を開け閉めする際にあごが痛い口が開けにくいあごを動かすと音がするなどの症状がみられる疾患です。そのため日常生活において、硬い食べ物が噛めなかったり、大きな食べ物が食べにくい、喋っているとあごが疲れるなどといった支障をきたします。また、これらの症状のほかに肩こりや頭痛、めまい、目の疲れなどの不定愁訴がみられることもあります。症状がひどいとあごが開けられなくなったり、あごが外れたりしてしまいます。

 

顎関節症の原因

あごを動かす筋肉や顎関節に炎症が起こることによって、痛みやそれに伴う可動域制限が生じます。また、関節円板と呼ばれる顎関節のクッションがずれていたり、骨に変形があることによって、音が鳴ったりあごが開かなくなったりします。

 

このような状態に至る原因として、日常生活の無意識の習慣が原因となっている場合が多いです。歯ぎしりや食いしばり、頬杖やうつぶせに寝るなどの癖や、ストレスや精神的緊張の影響が絡み合っていると考えられています。

 

 

咬み合わせの悪さや、顎関節がもともと弱かったりすることも原因となります。

       

 

当院の治療方針

 

 

顎関節症で悩んでいる方の多くは、あごや頭部首周りの筋肉が過緊張をおこしていることが多いです。顎関節自体や骨そのものに異常がある方は少なく、またそういう方であっても必ず筋肉にも強い緊張があります。

 

セルフケアやマッサージも有効ですが、あご周りの原因となっている筋肉は深い所に存在している為、指では届きにくいこともあります。本院で行なっている整体・鍼灸治療は、顎関節症の原因となっている筋肉のトリガーポイントに的確にアプローチすることができるので効果的です。

 

顎関節症でお悩みの方は当院にお任せください

 

 

無意識に行っている噛み締めや歯ぎしりのことをブラキシズムといいます。夜寝ている間、歯を動かし続けていて負担がかかり、あごだけではなく首肩周りにも力が入って様々な不定愁訴が生じます。ブラキシズムは精神的なストレスとの関りも深く、自分でコントロールすることが難しいです。

 

歯科などで処方されるマウスピースも有効ですが、根本の原因となっているストレスを取り除くことが大切です。あご周りには胆嚢のツボが多く存在します。また東洋医学において肝臓は、精神活動を円滑に保つ自律神経のような作用があり、肝と胆は密接に関係しています。怒りや不安、心配事が続くと肝の機能が停滞し、あご周りの胆のツボに反応が現れ症状がおこります。

 

当院では肝や胆のツボを用いて鍼灸治療を行い、自律神経のバランスを整え顎関節症の症状を取り除きます。お気軽にご相談ください。

 

お気軽にご相談ください CONTACT

ラインでのご予約方法ラインでのご予約方法

QRコード
①友達追加
まずは左のQRコードか、下のボタンで友達登録をお願いいたします。
友だち追加
②メッセージ入力
お名前や症例などの情報をお送りくださいませ。
※当日予約はお電話にてお願いいたします。

電話でのご予約方法電話でのご予約はコチラ

TEL : 045-295-1741
受付時間

※当日のご予約は大変込み合いますので、お早めのご予約をおすすめ致します。

8:00~12:00 / 14:00~17:00
定休日
木曜日(土日祝日も診療※木曜日が祝日の場合は休診)