寝違えについて

 

寝違えの原因

皆さん寝違えは、一度は経験があるのではないでしょうか。寝違えは発症するタイミングが様々で、朝起きてすぐ発症するとは限らないのです。勿論、原因として多いのは寝ている時の姿勢が首に負担がかかるような体勢で寝てしまうと、寝違えになります。

 

寝違えは疲れが溜まってるときに起きやすいです。自分の症状が寝違えなのか、ぎっくり背中なのか、もしくは頚椎のヘルニアなのか自分で判断するのが難しいケースもありますので、当院で体を診てもらうのが一番です。

 

寝違えの症状

当院にも、よく首の痛みで来院される方が多くいらっしゃいます。首を左右に少し動かしただけでも痛みが走って体を動かせないと、炎症が強く起きている証拠なので、自己判断で寝違えだろうから時間が経てば治るだろうと安心するのはお勧めできません。寝違えは、筋肉の緊張が限度を超している状態で血流が滞ってしまい、体が動くようになってから一気にその筋肉に血液を送り込んで炎症が起きるので、無理に動かしたり温めないようにしてください。 人は寝ている時に寝返りを打ちますが、疲れ過ぎていてうまく寝返りが打てないと、変な体勢で長時間寝てしまい、首に負担をかけることで翌朝寝違えます。最近やけに肩が張ってる、背中が張ってるなどの予兆があれば、注意して下さい。日頃から身体のメンテナンスを行なっていれば防げるものなので、自分の体を大事にして頂ければと思います。

 

当院の治療方針

 

 

当院で寝違えの治療をする際は、まずその症状が本当に寝違えかどうかをしっかり見極めます。首が痛くて首に症状が出ている方もいれば、痛い場所は背中や肩の方で首を動かすと痛いという方など、症状の出方は様々です。

 

重症なケースでは、頚椎ヘルニアの疑いもあるので、理学検査(徒手検査)をさせて頂き、ヘルニアではないかを確認し、明らかにヘルニアの疑いがあれば大きい病院でMRIを撮って頂くことを勧めております。寝違えにせよ、頚椎ヘルニアにせよ、患者様ご自身で判断するのは難しいと思うので一度ご相談頂ければ幸いです。

 

頚椎ヘルニアと診断されたら、その後の治療は当院にお任せください。寝違えの場合でも、頚椎ヘルニアの場合でも、発症直後は炎症が強いので、患部はほとんど触らずに患部と離れた部位から治療していくのが当院の方針です。

 

寝違えは当院へお任せください

 

 

炎症が起きている部位をむやみやたらにマッサージや鍼をしてしまうと、炎症がひどくなって症状が悪化してしまうので、他の整体や鍼灸院に行かれる方は気をつけて下さい。よくマッサージに行くと揉み返しのような症状が出てしまうから、マッサージは苦手ですという方もClover鍼灸整体院に来られます。マッサージによって揉み返しがいつも出てしまう場合は、あなたのお身体にとって刺激が強過ぎる証拠です。

 

マッサージが苦手な方には苦手な方用の治療のやり方があります。Clover鍼灸整体院では、そんな方には主に筋膜リリースを行なうことで症状の改善を図ります。筋膜リリースのテクニックは、マッサージが苦手な方だけでなく、ご高齢の方、骨粗鬆症の方でも安心して受ける事が出来ます。マッサージは自分には合わないからと、症状の改善を諦めないでください。

お気軽にご相談ください CONTACT

ラインでのご予約方法ラインでのご予約方法

QRコード
①友達追加
まずは左のQRコードか、下のボタンで友達登録をお願いいたします。
友だち追加
②メッセージ入力
お名前や症例などの情報をお送りくださいませ。
※当日予約はお電話にてお願いいたします。

電話でのご予約方法電話でのご予約はコチラ

TEL : 045-295-1741
受付時間
午前7時~11時 / 午後13時~16時
定休日
木曜日(土日祝日も診療※木曜日が祝日の場合は休診)